2017/03/02

ほんとうにファッション苦手です(:_;)

毎日のファッション、楽しんでいらっしゃいますか?

今日、骨格診断のご予約を入れて下さったのは、165㎝のスラッとした肢体が魅力のKさん。

ご本人曰く

「オシャレが上手でなく苦手意識がとても強い。だから、いつもマネキン買いをしてしまうんです。そうすると、手持ちの服をどんなふうに合わせたらいいのかわからないし、着こなしのバランスがとても難しくって、ほんとうにファッション苦手です(:_;)」

ご安心ください(^^)

Kさんのように、オシャレに苦手意識を持っている他人って、本当に多いのです。

それも、見た目「まぁ、オシャレさん♪」と感じる人ほどその傾向が強い。と思うのは私だけではないはずです。

私の目の前にいるKさんも、とてもオシャレさん!バランスとれているのになぁ。と感じつつ、お悩みに耳を傾けます。
では、なぜこのような「私、オシャレに自信がありません」となってしまうのでしょうか?

その原因として、なによりも「他人目線を気にしてしまう」ことが挙げられます。自分の好きなファッションよりも、トレンドや他人からの評価が、知らず知らずの内に物差しになってしまっているのですね。

では、なぜ「他人目線を気にしてしまうのか」

胆摘に言えば、ご自身に自信がないからですね。これはさまざまな要因が絡み合いますが、骨格診断を受けると、その突破口。すなわちファッション自信回復につながるケースが非常に多いことに私は驚きました。

その理由は、似合う似合わないの理屈理論が明確だから、迷わずに済むのです

今まで、鏡の中の自分を見ながら、「この洋服を着た私ってイケてる♪」とか「なんでこのトップスは似合わないんだろう(・・?」 と、ずっと試行錯誤していたわけですね。

また、思いもかけずに「似合ってるね!」とほめられたり、反対に「みっともない」とバッサリやられたり(笑)

その蓄積をずーっと持っていらっしゃるのですが、なぜ、そういった結果になるのかという原因が今までわからないので、なんとなくの感性で着こなしていらっしゃった訳です。

いま、このブログをご覧のあなたもそうではないでしょうか?

この骨格診断。というのは、ボディの特徴を大きく3つのタイプに分けることで、スタイルアップを可能にする着丈の長さやサイズ、素材の選び方が具体的に理解することができます。

今までの経験と照らし合わせると「なるほど!そういう理由だったのか!」と腑に落ちるんですね、これが自信への突破口となるのです。
さて、Kさんの診断結果は「ナチュラル」さん!骨格診断を実際に受けた感想をお伺いしましたよ。
本日は楽しんでいただけましたか?
「目からウロコでした」
実際に骨格診断を体験してみて、なにが一番参考になりましたか?
「似合わせ、着あわせポイント、長め、のところ」

これから、あなたのファッションはどのように変化しそうですか?
「もっと自信をもっていけそう」
ミニ丈よりも長めの丈のスカートの方がお似合いになる理由が理解できましたね。けっして似合わない訳ではないけれども、感じていた違和感は「生まれ持った骨格」からくるものでした。

脂肪もつきづらく、筋肉もあまりない「ナチュラル」タイプは、スリムすぎるアイテムだと、ギスギスした印象になったり、女性らしさがダウンしがち。

一概にボディピッタリファッションが女性らしい。というのは全女性に当てはまらないのです。

Kさん、オシャレたくさん楽しんでくださいね!

また、お目にかかりましょうね(^^)

あ、そうそう今月3月11日(土)に本サロン内にて、パーソナルカラーの先生をお招きいたします。パーソナルカラーを見てほしい。という方はご予約を092-263-3456 または メールまで。

お顔映りが全然変わります。
パーソナルカラーの詳細はこちらのメリーグラシスブログでもご覧いただけますよ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたの魅力を引き出すヒントになれば幸せです。

福岡 博多 骨格診断 女性専門サロン
ご予約方法 毎月1日~15日の予約可能日 ★毎月16日~末日の予約可能日

ご予約・問合せ 092-263-3456(年中無休 10:30~19:30)/メール

サロンは博多リバレイン地下1階 足と靴のメリーグラシス内

福岡はもちろん、長崎、佐賀、大分、熊本、宮崎、沖縄、山口から。また、東京、神戸、海外からもお越しいただいています。

ファッション迷子はすぐ脱出!もっと自分を大好きになれる。自分の歩みたい道を骨格ファッション診断から切り開く。そんな骨格診断をお手伝いさせて頂いています。
福岡でお会いできることを楽しみにしています!

推薦書「少ない服でも素敵に見える人の秘密 骨格で選ぶスタイルアップ術 (講談社)」

0 件のコメント:

コメントを投稿